レバレッジについて

レバレッジが1倍のやり方は当然ありだと思います。

わたしは資金効率を考えてレバレッジは5倍から20倍ですが、リスクを下げたければ1倍にするのはいい方法だと思います。外貨預金より利子は高いし、手数料は安いし。

ただ、全くリスクがないかといえばそんなことはありません。金利逆転は大したリスクではないです。(時間がかかるのでその前に売ればよい)一番は信用リスクです。その国の通貨が暴落するリスクもあるし、取引会社が倒産する可能性もあります。

NZドルを数年という長い期間保有した場合に、為替差損がスワップを上回った時期も過去にはあります。一番良いのは、通貨間の相関度(相関)係数)を考えて資産を分散することです。例えば過去三年のNZDAUDは相関係数が0.9で両方の通貨をもつとリスク分散ができないことになります。だから、ポンドスイスフランなど相関関係の低い、負の相関関係の通貨を持っていれば、NZが下がってもポンドフランが上昇してくれます。通貨間の相関関係については、また別の機会に話します。

何もせずもち続けるのであれば、信用できる会社に預けて、通貨のポートフォリオを組むことがより重要になってきます。

マネーパートナーズ
マネーパートナーズFX口座開設が人気の理由と評判

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中